しりとり川柳・狂歌やで〜つづけてやーーー。 ( 絵画 )

7/12

                     酒飲むか 参議院増やし無駄なこと

参議院は無くても良いのではないかと言う学者も居ます。

参議院は元貴族院だったわけですが、衆議院が暴走しないための仕掛けだった

のが、何の役にも立っていません。

衆議院で可決されたら、数日後には参議院でも可決される政策がたくさん有ります。

政策によっては、数十日かかる場合もありますが、絶対的多数をもっている与党

に抵抗できないのが、民主主義の鉄則ですから、その法案が民衆のために良いか

どうかは別物です。

その一例として、働き方改革関連法案を成立させました。

非正規労働者のために、同一労働同一賃金の法案は良いとして・・・、高度プロフェッショナル制度は、与野党で揉めました。

それは、長時間労働をますます助長するのではないかという、危惧があるからです。

それと、正規社員と非正規社員との賃金格差が大きくなってきています。

その格差は、正社員の6割しか給料が貰えない非正規社員が増えてきています。

バブル崩壊後に、ほとんどの労働者が中流意識を持てていましたが、いまや富裕

層と、貧困層の格差が歴然としてきています。

資本主義の弱肉強食と言えば、そうかも知れませんが、日本は社会主義に近い資

本主義と言われ生涯雇用制度で、みんなが幸せになろうという、素晴らしい社会を

建設するつもりだったのが、崩れてしまいました。

自民党後援の資本家の圧力で、臨時雇用制度ができて、賃金が安い臨時雇用

増えて、会社は正社員を減らして、利益を上げようとする企業がほとんどです。

新しい階級制度として、定着しつつあります。

これが資本主義の悪いところですが、外国との貿易で考えると、やむを得ない場

合もあります。

全部正社員にして、給料を上げると製品を値上げせざるを得ない・・・貿易競争に

負けるという悪い面も出て来るし簡単に良い悪いはいえません。

7/11

安倍総理 災害忘れ酒飲むか